髪のすべて

髪質の特徴を活かしたヘアスタイルと長さ

人によって髪質はさまざまで、柔らかい人もいれば硬い人もおり、さらにくせの有無もあるので、ヘアスタイルも自分の髪質に合ったスタイルを選ぶと良いでしょう。
髪が柔らかいタイプの人は髪の量もそれほど多さを感じさせないため、長さがロングでもショートでも重くならず軽やかな印象になりますが、硬いタイプの人は髪の量も多い傾向があり、ロングにすると重たさを感じさせてしまうので、ショートの方が似合うことが多いです。
ロングにしたい人はレイヤーを入れたりすそだけ軽くパーマをかけたりして重さを感じさせないようにアレンジすると良いでしょう。
また、ファッション雑誌やヘアカタログを見て可愛い、と思うスタイルがあっても自分にも必ず似合うかどうかはわかりません。
もしも行きつけのヘアサロンがあるならば一度スタイリストさんに相談してみると良です。
髪質やくせを把握してくれているスタイリストさんは最大の味方で、プロならではの意見はとても参考になります。

髪質と長さについて

髪質は人それぞれであり、硬い髪から柔らかい髪まで色々です。
髪が多い人も少ない人もいます。
ストレートやうねりなど、クセ毛度合いの個人差も大きいです。
硬い髪は、ゴワゴワした手触りである上に思い通りにまとまらないことが多く、柔らかい髪はしなやかな手触りでまとまりやすく素直であることが多いです。
しかしその一方で、ヘアスタイルによっては、硬い髪の方がボリュームが出てキマることもあり、柔らかい髪ではペタンと貧相な印象になることもあります。
例えば、硬い髪だとショートやボブの長さが適しています。
髪質の特性によって、頭頂部にふんわりと自然なボリュームが出るので小顔効果も出ます。
柔らかい髪であればセミロングやロングがおすすめです。
カールさせても毛先がまとまりやすく、より女性らしさを演出できます。
ただし、これらは毛量やクセの度合いによって異なりますので一概には言えません。
髪質や毛量、クセを生かしたヘアスタイルを提案してくれる美容師さんであれば、どんな髪質でも、憧れの長さにすることは可能です。

Copyright 2015 髪質を知る All Rights Reserved.