髪のすべて

髪質がかたい人とやわらかい人の違い

髪質がかたい人は髪の毛の外側のキューティクルの層が幾重にも重なり合って厚くなっていること、その中にあるコルテックスが多くて密度が高くなっていることが原因となっています。
コルテックスが減ってしまうと抜け毛や薄毛の原因となってしまうので、キューティクルを滑らかにすることが髪質をやわらかくするための改善方法です。
まずは、シャンプーをアルコールシャンプーやせっけんシャンプーからアミノ酸シャンプーに変えましょう。
洗浄力が弱めなのがデメリットですが髪の毛や頭皮に与える刺激も少なく美容院でもよく使われているものです。
トリートメントで保湿効果を高めパサパサになるのを防ぎましょう。
タオルドライをしっかりすることでドライヤー時間を短くしてキューティクルが傷むのを防ぎましょう。
髪質を完全に帰ることはできませんが、これらの3つの方法を行なうことで、少しでもしなやかになりまとまりある髪質に改善することはできるのです。

かたい髪質は安価にスタイリングが楽しめる

かたい髪質の特徴を持っているのなら、スタイリングにかかる費用を節約することができます。
特に、頭髪を立ち上げるスタイルを好んでいるのであれば、髪質がかたいという事実を喜ばしく感じるべきです。
オールバックやモヒカンなどといったスタイリングでは、整髪剤をふんだんに用いる必要性に駆られます。
ごく平均的な髪質であれば、頭髪を立ち上げた際に形をキープすることができないからです。
したがって、整髪剤で思い通りのスタイリングに仕上げる他に方法がないというわけです。
他方、髪質がかたいのであれば整髪剤を一切使わなくても自身にとって理想的なスタイリングを完成させられる可能性が高いです。
手ぐしなどで任意の形に整えられた頭髪は、柔らかい場合と違いスタイルを変えるような動きをしにくい傾向があります。
結果として、整髪剤を使わなくても気に入ったスタイルを完成させられるというわけです。
しかしながら、整髪剤を用いたほうがキープ力は高まります。

Copyright 2015 髪質を知る All Rights Reserved.